No.45  メル・トーメ

フランク・シナトラやナット・キング・コールと並んで、男性ジャズ・ヴォーカリストの筆頭にいつも名前を挙げられるのがメル・トーメです。そして、トーメは、そのナット・キング・コールの名唱でも有名なクリスマスの大定番曲「ザ・クリスマス・ソング」をはじめとした数々のスタンダード・ナンバーを生み出した、才能豊かな作曲家でもあります。
メル・トーメことメルヴィン・ハワード・トーメは、1925年にイリノイ州シカゴでロシア系ユダヤ人移民の両親の元に生まれました。幼少から歌や踊りに優れ、レストランで歌い始めて、4歳の時にはラジオ番組に出演したと言いますから、生粋のエンターテイナー気質を備えていたのでしょう。9歳の時にラジオ番組のコンテストで優勝し、以後ラジオに頻繁に出演するようになります。
ティーンエイジャーになると歌、ダンスに加えてピアノをはじめとするさまざまな楽器もこなすようになり、15歳からは作曲も始めます。18歳になると、カリフォルニアに出てヴォーカル・グループに加入。これが発展してトーメのグループ、メル・トーンズとなります。1945年からはクラリネット奏者アーティー・ショウの楽団に在籍して活動。その後、ソロ・シンガーとして独立してデッカから本格的にデビューし、ベツレヘムへ移り『アット・ザ・クレッセンド』などの秀作を発表してスター歌手の仲間入りを果たします。映画やテレビでも活躍するようになり、1950~60年代には多くの名作を吹き込み、そのスモーキーかつ滑らかな歌声は“ヴェルヴェットの霧”と讃えられました。
1970年代に入って、やや精彩を欠いたように見えましたが、1978年に発表したドラマーのバディ・リッチとの共演作『トゥゲザー・アゲイン』で見事に復活します。さらに、1982年と1983年には盲目のピアニスト、ジョージ・シアリングと組んだアルバムで、2年連続でグラミー賞を受賞して再び黄金時代を迎えます。特に得意のスキャット・ヴォーカルに磨きをかけ、“スキャットの帝王”の名を欲しいままにしました。1990年代以降も衰えぬ歌声で第一線で活動を続け、アルバムもコンスタントに発表していましたが、1996年に脳卒中を発症。そして、1999年6月5日に再び脳卒中に倒れ、合併症の併発により希代のエンターテイナーはロサンゼルスのカリフォルニア大学病院で息を引き取ったのでした。

『メル・トーメ・スウィングズ・シューバート・アレイ』
(ユニバーサル)

シューバート・アレイとはブロードウェイの別称で、つまりこれはミュージカル・ヒット曲集。ビッグ・バンドをバックにトーメの歌声がスウィングする名盤。バックにはアート・ペッパーも。
←No.44 ヘレン・メリル
PAGE TOP↑




LEGEND
アーカイブス一覧
File No.1 ビリー・ホリデイ
File No.2 エラ・フィッツジェラルド
File No.3 ラ・ヴォーン
File No.4 マイルス・デイヴィス
File No.5 ジョン・コルトレーン
File No.6 ビル・エヴァンス
File No.7 ウェザー・リポート
File No.8 ジャコ・パストリアス
File No.9 ルイ・アームストロング
File No.10 チャーリー・パーカー
File No.11 ソニー・ロリンズ
File No.12 ハービー・ハンコック
File No.13 パット・メセニー
File No.14 フランク・シナトラ
File No.15 チェット・ベイカー
File No.16 アート・ブレイキー
File No.17 チック・コリア
File No.18 マーカス・ミラー
File No.19 ディジー・ガレスピー
File No.20 スタン・ゲッツ
File No.21 ナット・キング・コール
File No.22 ジョージ・ベンソン
File No.23 デヴィッド・サンボーン
File No.24 バド・パウエル
File No.25 チャールス・ミンガス
File No.26 ミルト・ジャクソン
File No.27 エルヴィン・ジョーンズ
File No.28 キース・ジャレット
File No.29 ケニー・G
File No.30 カウント・ベイシー
File No.31 グレン・ミラー
File No.32 ベニー・グッドマン
File No.33 デューク・エリントン
File No.34 ウェス・モンゴメリー
File No.35 ロン・カーター
File No.36 ジョー・パス
File No.37 トニー・ウィリアムス
File No.38 リー・モーガン
File No.39 オーネット・コールマン
File No.40 ウェイン・ショーター
File No.41 モダン・ジャズ・カルテット
File No.42 カーメン・マクレエ
File No.43 マンハッタン・トランスファー
File No.44 ヘレン・メリル
File No.45 メル・トーメ