No.44  ヘレン・メリル

その気怠いムードのハスキー・ヴォイスで、“ニューヨークのため息”と称されるのがヘレン・メリルです。そして、日本と縁が深く大の親日家でもある彼女は、日本での人気が取り分け高い女性ジャズ・シンガーの代表格でもあります。
ヘレン・メリルは、1929年にニューヨークでクロアチア移民の両親の元に生まれました。幼い頃からジャズに親しみ、ティーンエイジャーになる頃にはブルックリンやブロンクスのジャズ・クラブで歌い始めます。そして、そこでマイルス・デイヴィスやバド・パウエル、J.J.ジョンソンら有名プレイヤーとも共演の機会を得ます。また、1946年から約一年間はビッグ・バンドの一員としても活動しました。1948年にはクラリネット/サックス奏者のアーロン・サクスと結婚して、1951年には長男アランが誕生しています。
公私ともに順風満帆な時を迎えたヘレンは、1954年にエマーシーとレコード契約を結んでデビュー・アルバムの録音に取りかかります。これが不朽の名盤と誉れ高い『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』です。1956年に自動車事故で早世する天才トランペット奏者クリフォード・ブラウンとの共演作で、アレンジと指揮を若き日のクインシー・ジョーンズが担当。そして、コール・ポーター作の「ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ」や、ボブ・ハガード作の「ホワッツ・ニュー」など、以後ヘレンの代表的なレパートリーとなるナンバーが数多く収められ、本作は大ヒットします。そして、ここでの名唱によりヘレンは、“ニューヨークのため息”の称号を与えられることになります。
1956年に離婚を経験しますが、その後もエマーシー・レーベルにビル・エヴァンスやギル・エヴァンスらをバックに次々と名盤を吹き込んでいきます。そして、1960年に初来日を果たすと、それからは頻繁に日本に足を運ぶようになり、1966年からは再婚相手の仕事の関係もあり、日本に居を移すことになります。この時期に渡辺貞夫や佐藤允彦といった日本のジャズメンとの共演盤や「五木の子守唄」を始めとする日本の民謡を歌ったアルバム『ヘレン・メリル・シングス・フォーク』などを発表し、ますます日本のジャズ・ファンにとって馴染み深い存在となっていきました。
1972年には帰国して、一時は表舞台から姿を消しますが、1976年にMJQのジョン・ルイスと共演した『ジャンゴ』で復活し、以後は本国アメリカと日本、そして日本と同様に多くのファンを持つヨーロッパを股に掛けて、80歳を超えた現在も精力的な活動を続けています。

『ヘレン・メリル・ウィズ・クリフォード・ブラウン』
(ユニバーサル)

ヘレンのデビュー・アルバムにして、ジャズ・ヴォーカルの決定的名盤。哀愁味溢れるハスキーな歌声と煌めくような音色のトランペットが相俟ってムーディーで都会的な世界が生み出されている。
←No.43 マンハッタン・トランスファー | No.45 メル・トーメ→
PAGE TOP↑




LEGEND
アーカイブス一覧
File No.1 ビリー・ホリデイ
File No.2 エラ・フィッツジェラルド
File No.3 ラ・ヴォーン
File No.4 マイルス・デイヴィス
File No.5 ジョン・コルトレーン
File No.6 ビル・エヴァンス
File No.7 ウェザー・リポート
File No.8 ジャコ・パストリアス
File No.9 ルイ・アームストロング
File No.10 チャーリー・パーカー
File No.11 ソニー・ロリンズ
File No.12 ハービー・ハンコック
File No.13 パット・メセニー
File No.14 フランク・シナトラ
File No.15 チェット・ベイカー
File No.16 アート・ブレイキー
File No.17 チック・コリア
File No.18 マーカス・ミラー
File No.19 ディジー・ガレスピー
File No.20 スタン・ゲッツ
File No.21 ナット・キング・コール
File No.22 ジョージ・ベンソン
File No.23 デヴィッド・サンボーン
File No.24 バド・パウエル
File No.25 チャールス・ミンガス
File No.26 ミルト・ジャクソン
File No.27 エルヴィン・ジョーンズ
File No.28 キース・ジャレット
File No.29 ケニー・G
File No.30 カウント・ベイシー
File No.31 グレン・ミラー
File No.32 ベニー・グッドマン
File No.33 デューク・エリントン
File No.34 ウェス・モンゴメリー
File No.35 ロン・カーター
File No.36 ジョー・パス
File No.37 トニー・ウィリアムス
File No.38 リー・モーガン
File No.39 オーネット・コールマン
File No.40 ウェイン・ショーター
File No.41 モダン・ジャズ・カルテット
File No.42 カーメン・マクレエ
File No.43 マンハッタン・トランスファー
File No.44 ヘレン・メリル
File No.45 メル・トーメ