No.43  マンハッタン・トランスファー

30年以上にわたって、ジャズ・コーラス・グループの頂点に君臨し続けている男女4人組と言えば、ご存じマンハッタン・トランスファーです。そして、彼らはジャズのカテゴリーを大きく超えて白人コーラス・グループの最高峰と呼べる存在でもあります。
ジャズ/フュージョン・ファンからは“マントラ”の通称でも親しまれるマンハッタン・トランスファーは、リーダーのティム・ハウザーが中心となって1969年にニューヨークで結成されました。ティムは、1941年にニューヨークのトロイで生まれ、6歳でニュージャージーに移住。学生時代にコーラス・グループを結成して音楽活動を開始します。その後、フォーク・グループを作ってニューヨーク界隈で演奏するようになります。が、大学卒業後は就職し、その傍らジャズのハーモニーを勉強をします。5年間の会社勤めを経て退職すると、1969年にジョン・ドス・パソスの小説から名前をとった5人組のコーラス・グループ、マンハッタン・トランスファーを結成。デビュー作『ジューキン!』をキャピトルから発表します。しかし、これが鳴かず飛ばずで1971年にあえなく解散。
ティムは、タクシーの運転手をしながら次なるチャンスを狙います。そして、たまたま客として乗り合わせたローレル・マッセイと音楽の話題で意気投合し、彼女とヴォーカル・グループを組むアイデアが浮上します。ローレルから1949年ニュージャージー生まれのアラン・ポールを紹介され、さらに1952年ニューヨーク生まれのジャニス・シーゲルと出会い、ここに男女混声4人組の新生マンハッタン・トランスファーが誕生するのです。
早速ライヴ活動をスタートさせると、これが大物歌手ベット・ミドラーの目に留まり、彼女のバック・アップによりアトランティックから再デビューを果たすことになります。圧倒的な歌唱力と見事なハーモニー、そしてエンターテインメント性に溢れたステージ・パフォーマンスで、彼らは瞬く間にNO.1ジャズ・コーラス・グループの座に駆け上ります。その後、1978年に交通事故が原因でローレルが脱退し、オーディションで1954年ワシントン州ノース・シャトル生まれのシェリル・ベンティーンが新たなソプラノ担当として加入します。そして、ここからさらなる彼らの快進撃が始まります。
1979年に当時スタジオ系人気NO.1ギタリストで、プロデューサーとしても頭角を現してきたジェイ・グレイドンを抜擢してアルバム『エクステンションズ』を制作。アメリカの人気TVドラマ『トワイライトゾーン』のテーマ曲やウェザー・リポートの有名曲「バードランド」のカヴァーなどを含む本作は大ヒットを記録し、初のグラミー賞にも輝きます。次作『モダン・パラダイス』でもグレイドンを起用して、再びグラミーを受賞。さらに続く『アメリカン・ポップ』では、タイトル曲が日本のテレビCMに使われて、メンバー自身も出演。日本での知名度も一段とアップしていきます。そして、これらポップ作品から一転、1985年には器楽曲に歌詞を付けて歌で再現するヴォーカリーズという手法を用いてジャズの有名曲をカヴァーした、その名も『ヴォーカリーズ』を発表。これが大絶賛を受けて、マントラは揺るぎないステイタスを確立します。以後も不動のメンバーでコンスタントな作品リリースと精力的なツアーを続け、マントラは現在もジャズ・コーラスのシーンを牽引しています。

『エクステンションズ』
(ワーナー)

シェリル加入後の初アルバムでマントラの大出世作。プロデューサーにジェイ・グレイドンを迎えて、AORサウンドと重厚なコーラスワークの融合に成功。ジェイの朋友デヴィド・フォスターやTOTOのジェフ・ポーカロほか、演奏者も超豪華。
←No.42 カーメン・マクレエ | No.44 ヘレン・メリル→
PAGE TOP↑




LEGEND
アーカイブス一覧
File No.1 ビリー・ホリデイ
File No.2 エラ・フィッツジェラルド
File No.3 ラ・ヴォーン
File No.4 マイルス・デイヴィス
File No.5 ジョン・コルトレーン
File No.6 ビル・エヴァンス
File No.7 ウェザー・リポート
File No.8 ジャコ・パストリアス
File No.9 ルイ・アームストロング
File No.10 チャーリー・パーカー
File No.11 ソニー・ロリンズ
File No.12 ハービー・ハンコック
File No.13 パット・メセニー
File No.14 フランク・シナトラ
File No.15 チェット・ベイカー
File No.16 アート・ブレイキー
File No.17 チック・コリア
File No.18 マーカス・ミラー
File No.19 ディジー・ガレスピー
File No.20 スタン・ゲッツ
File No.21 ナット・キング・コール
File No.22 ジョージ・ベンソン
File No.23 デヴィッド・サンボーン
File No.24 バド・パウエル
File No.25 チャールス・ミンガス
File No.26 ミルト・ジャクソン
File No.27 エルヴィン・ジョーンズ
File No.28 キース・ジャレット
File No.29 ケニー・G
File No.30 カウント・ベイシー
File No.31 グレン・ミラー
File No.32 ベニー・グッドマン
File No.33 デューク・エリントン
File No.34 ウェス・モンゴメリー
File No.35 ロン・カーター
File No.36 ジョー・パス
File No.37 トニー・ウィリアムス
File No.38 リー・モーガン
File No.39 オーネット・コールマン
File No.40 ウェイン・ショーター
File No.41 モダン・ジャズ・カルテット
File No.42 カーメン・マクレエ
File No.43 マンハッタン・トランスファー
File No.44 ヘレン・メリル
File No.45 メル・トーメ