No.41  モダン・ジャズ・カルテット

今でこそジャズ/フュージョン・シーンにも数多くの長寿グループが存在しますが、1950年代のモダン・ジャズ全盛期までは、ジャズのバンドと言えばメンバーの入れ替わりが激しいセッション・グループが中心でした。そんな時代にメンバーがガッチリ固定化されたレギュラー・コンボという形態で、グループとしてのサウンド・カラーを打ち出し、人気を博したのがモダン・ジャズ・カルテットです。 略称でMJQとも呼ばれるモダン・ジャズ・カルテットは1951年に、1923年ミシガン州デトロイト生まれのヴィブラフォン奏者ミルト・ジャクソンと、1920年イリノイ州ラグランジ生まれでニューメキシコ州アルバカーキで育ったピアニスト、ジョン・ルイスを中心に結成されました。ニューメキシコ大学で音楽と人類学を専攻したルイスは、1942年から1945年まで兵役に就きます。除隊後、そこで知り合った1914年ペンシルヴァニア州ピッツバーグ生まれのドラマー、ケニー・クラークに誘われて、彼が在籍していたディジー・ガレスピーのバンドに加入します。そして、ここで彼ら2人は、ミルトと名ベーシストのレイ・ブラウンと共にリズム・セクションを形成することになります。4人は、意気投合してセッションを繰り返しますが、ブラウンがオスカー・ピーターソンのバンドに加入するために脱退。替わって同じくガレスピー楽団のメンバーだった1923年ノースカロライナ州ウィルミントン生まれのベーシスト、パーシー・ヒースが加わり、1952年にモダン・ジャズ・カルテットは、本格的なスタートを切ります。 当初、グループの主導権を握っていたのはミルトでしたが、次第にミルトを主役に据えながらルイスが音楽的なリーダー・シップを発揮するようになり、彼の持つクラシックの素養が全面に打ち出されます。それまでのジャズにはなかった典雅で洗練された室内楽を想わせるようなMJQの音楽は、ジャズ・ファン以外からの支持も得て大ブレイクします。しかし、ビバップの信奉者であったクラークは、この雰囲気に馴染めず1955年に脱退。替わりに加入したのが1927年ニューヨーク生まれのコニー・ケイで、ここに以後長く続く不動のカルテットが誕生します。 その後、20年近くにわたって、モダン・ジャズのシンボルとして活動を続けて、『コンコルド』や『フォンテッサ』をはじめとした数々の名盤を世に送り出してきたMJQでしたが、ミルトが脱退を表明し、1974年にラスト・コンサートを開いて一端その歴史に幕を閉じます。しかし、直後から再結成を望むファンの声は根強く、1981年についにその熱気に応えるように日本武道館でリユニオンが実現。これをきっかけにレギュラー・コンボとしての活動を再開しファンの喝采を浴びます。しかし、1990年代に入ると、ケイが病気に倒れグループを離脱。結局ケイは、1994年にこの世を去り、MJQも1995年に再び解散。そして、ミルトが1999年に、ルイスが2001年に、最後に残ったヒースも2005年に鬼籍に入り、モダン・ジャズ・カルテットは、その長い歴史に永遠に幕を下ろしたのでした。

『ラスト・コンサート(完全盤)』
(ワーナー)

1974年11月25日にニューヨークのリンカーン・センターで行われた解散コンサートの実況アルバム。情熱的で躍動感溢れるミルトと知的で冷静なルイスの演奏の対比も上手く捉えたライヴ名盤だ。
←No.40 ウェイン・ショーター | No.42 カーメン・マクレエ→
PAGE TOP↑




LEGEND
アーカイブス一覧
File No.1 ビリー・ホリデイ
File No.2 エラ・フィッツジェラルド
File No.3 ラ・ヴォーン
File No.4 マイルス・デイヴィス
File No.5 ジョン・コルトレーン
File No.6 ビル・エヴァンス
File No.7 ウェザー・リポート
File No.8 ジャコ・パストリアス
File No.9 ルイ・アームストロング
File No.10 チャーリー・パーカー
File No.11 ソニー・ロリンズ
File No.12 ハービー・ハンコック
File No.13 パット・メセニー
File No.14 フランク・シナトラ
File No.15 チェット・ベイカー
File No.16 アート・ブレイキー
File No.17 チック・コリア
File No.18 マーカス・ミラー
File No.19 ディジー・ガレスピー
File No.20 スタン・ゲッツ
File No.21 ナット・キング・コール
File No.22 ジョージ・ベンソン
File No.23 デヴィッド・サンボーン
File No.24 バド・パウエル
File No.25 チャールス・ミンガス
File No.26 ミルト・ジャクソン
File No.27 エルヴィン・ジョーンズ
File No.28 キース・ジャレット
File No.29 ケニー・G
File No.30 カウント・ベイシー
File No.31 グレン・ミラー
File No.32 ベニー・グッドマン
File No.33 デューク・エリントン
File No.34 ウェス・モンゴメリー
File No.35 ロン・カーター
File No.36 ジョー・パス
File No.37 トニー・ウィリアムス
File No.38 リー・モーガン
File No.39 オーネット・コールマン
File No.40 ウェイン・ショーター
File No.41 モダン・ジャズ・カルテット
File No.42 カーメン・マクレエ
File No.43 マンハッタン・トランスファー
File No.44 ヘレン・メリル
File No.45 メル・トーメ