No.31  グレン・ミラー

1930年代から1940年代にかけて、アメリカ全土を熱狂の渦に巻き込んだスウィング・ジャズ。ビッグ・バンドによる華やかなアンサンブルで演奏されるダンス・ミュージックとして親しまれた、このスウィングの全盛時代に、最も人気を集めたのがグレン・ミラー楽団でした。そして、そのバンド・リーダーで作編曲を担当したのが、もちろんグレン・ミラーです。
1904年にアイオワ州で生まれたグレン・ミラーは、元々はトロンボーン奏者でした。コロラド大学に在学中から地元のバンドに加わり演奏活動に勤しみます。1926年にベン・ポラック楽団にトロンボーン奏者兼アレンジャーとして加入したのを皮切りに、1934年にドーシー・ブラザーズ・バンド、1935年にレイ・ノーブル楽団で演奏する機会を得ます。しかし、プレイヤーとしてはそれほど目立つ存在ではなく、むしろ、コンポーザー、アレンジャーとしてのキャリアを追求したいと考えるようになります。
そして1937年、ついに念願であった自らのビッグ・バンド、グレン・ミラー・オーケストラを結成します。ところが、この楽団は滑り出し順調とはいかず、翌年に再編を余儀なくされます。すると、これが功を奏して1939年から人気に火が着き、あの映画『スウィングガールズ』でも登場したお馴染みの<イン・ザ・ムード>や<茶色の小瓶>、そして、ミラー自らがペンを執ったナンバーであり、後に楽団のテーマ曲にもなる<ムーンライト・セレナーデ>など、次々とヒットを放っていきます。以後は、先行していたベニー・グッドマン楽団らとともにスウィング・ジャズ・ブームを牽引する存在となっていくのです。
しかし、そんな人気絶頂の最中、第二次世界大戦が勃発。1942年、ミラーは志願して兵役に就きます。入隊後はアーミー・エアフォース・バンドを率いて世界各地を慰問して回り好評を博します。ところが、1944年12月15日に悲劇は突然訪れます。イギリスから次なる演奏の地フランスへ向かうためにミラーが乗った専用の飛行機が、ドーバー海峡で行方不明になるのです。当初は原因が解らず、一年経ってようやく正式な死亡通告が出されました。実はドイツでの爆撃任務を終えたイギリスの帰還機が、残った爆弾を海峡上空で投棄し、ミラーの乗っていた飛行機はそれに当たって墜落していたことが後に判明しました。
リーダーを失ったグレン・ミラー・オーケストラでしたが、楽団員は別の飛行機に乗っていて難を逃れていたので、ミラーの意志を受け継ぎグレン・ミラー楽団はその後も存続していきます。そして、現在も世界各地にミラーが作り上げた華やかで明るいスウィングの魅力を伝えているのです。また、1954年にはその劇的な生涯を描いた『グレン・ミラー物語』が製作され、大ヒットを記録。音楽映画の名作として今もその名を留めています。

『グレン・ミラー物語』
(ソニー)

没後10年にあたる1954年に製作されて、リヴァイヴァル・ブームを巻き起こすほどの人気となった伝記映画の中で使われた楽曲を収めた名作。有名曲が目白押しで入門盤にも最適。
←No.30 カウント・ベイシー | No.32 ベニー・グッドマン→
PAGE TOP↑




LEGEND
アーカイブス一覧
File No.1 ビリー・ホリデイ
File No.2 エラ・フィッツジェラルド
File No.3 ラ・ヴォーン
File No.4 マイルス・デイヴィス
File No.5 ジョン・コルトレーン
File No.6 ビル・エヴァンス
File No.7 ウェザー・リポート
File No.8 ジャコ・パストリアス
File No.9 ルイ・アームストロング
File No.10 チャーリー・パーカー
File No.11 ソニー・ロリンズ
File No.12 ハービー・ハンコック
File No.13 パット・メセニー
File No.14 フランク・シナトラ
File No.15 チェット・ベイカー
File No.16 アート・ブレイキー
File No.17 チック・コリア
File No.18 マーカス・ミラー
File No.19 ディジー・ガレスピー
File No.20 スタン・ゲッツ
File No.21 ナット・キング・コール
File No.22 ジョージ・ベンソン
File No.23 デヴィッド・サンボーン
File No.24 バド・パウエル
File No.25 チャールス・ミンガス
File No.26 ミルト・ジャクソン
File No.27 エルヴィン・ジョーンズ
File No.28 キース・ジャレット
File No.29 ケニー・G
File No.30 カウント・ベイシー
File No.31 グレン・ミラー
File No.32 ベニー・グッドマン
File No.33 デューク・エリントン
File No.34 ウェス・モンゴメリー
File No.35 ロン・カーター
File No.36 ジョー・パス
File No.37 トニー・ウィリアムス
File No.38 リー・モーガン
File No.39 オーネット・コールマン
File No.40 ウェイン・ショーター
File No.41 モダン・ジャズ・カルテット
File No.42 カーメン・マクレエ
File No.43 マンハッタン・トランスファー
File No.44 ヘレン・メリル
File No.45 メル・トーメ