No.18  マーカス・ミラー

ジャズやフュージョンの分野に限らず、現在の音楽シーンで人気、実力ともに最高のベーシスト。そう断言できるのがマーカス・ミラーです。
1959年にニューヨークに生まれ、まずはクラリネット、次にサックス、そしてベースと、10代前半で様々な楽器を習得していきます。そして13歳の時には早くもR&B系の
セッション・ベーシストとして活動を始めたと言いますから、まさに早熟の天才です。ティーンの時代に音楽芸術学校とカレッジで正式な音楽教育を受けますが、同時にライヴやレコーディングでプロ・ミュージシャンとしての仕事も既に数多くこなしていきます。そして、20歳の時に、映画音楽家としても名高いキーボード奏者のデイヴ・グルーシンが設立したレーベル“GRP”のスタッフ・ミュージシャンとなり、さらに仕事は増えていきます。GRP以外からも依頼は殺到し、20歳そこそこでボブ・ジェームスやグローヴァー・ワシントンJr.、ロバータ・フラックにアレサ・フランクリンといった超大物の元でプレイするようになります。独特のスラップ奏法を中心とした超絶技巧のテクニックを誇りながら、決して出過ぎず、それでいてツボを押さえていて、さらに華があるというマーカスの演奏スタイルは様々なジャンルで重宝されたのです。日本でも同じ時期に渡辺貞夫や渡辺香津美がレコーディングに彼を起用しています。そんな中でも特に関わりが深かったのがデヴィッド・サンボーンとルーサー・ヴァンドロスで、彼らの作品にはプロデューサーとしても腕を揮うようになります。そして、1981年に6年余りのブランクから活動を再開したマイルス・デイヴィスのバンドに抜擢されたマーカスは、マイルスからもプロデュースを任されるのです。それが1986年のアルバム『TUTU』でした。
自身のアルバムは1980年代初頭に2枚。これは自らの歌も前面にフィーチャーした作品でした。1980年代後半にはレニー・ホワイトやバーナード・ライトといった出身地であるNYクイーンズはジャマイカ地区の幼馴染み達と組んだジャマイカ・ボーイズとしても2枚のアルバムを発表しています。1993年の『ザ・キング・イズ・ゴーン』以降はリーダー作をコンスタントに発表し、2001年の『M2~パワー・アンド・グレイス』ではグラミー賞も獲得しました。1997年にはエリック・クラプトン、ジョー・サンプル、スティーヴ・ガッド、デヴィッド・サンボーンとともにレジェンズを結成。大御所たちを束ねてヨーロッパ・ツアーを成功させた手腕も高く評価されました。

『M2~パワー・アンド・グレイス』
(ビクター)

ハービー・ハンコック、チャカ・カーン、そしてブラジルのジャヴァンなどゲストも多彩で豪華なグラミー受賞作。ベース・プレイも全開で硬軟両面が楽しめる一枚。
←No.17 チック・コリア | No.19 ディジー・ガレスピー→
PAGE TOP↑




LEGEND
アーカイブス一覧
File No.1 ビリー・ホリデイ
File No.2 エラ・フィッツジェラルド
File No.3 ラ・ヴォーン
File No.4 マイルス・デイヴィス
File No.5 ジョン・コルトレーン
File No.6 ビル・エヴァンス
File No.7 ウェザー・リポート
File No.8 ジャコ・パストリアス
File No.9 ルイ・アームストロング
File No.10 チャーリー・パーカー
File No.11 ソニー・ロリンズ
File No.12 ハービー・ハンコック
File No.13 パット・メセニー
File No.14 フランク・シナトラ
File No.15 チェット・ベイカー
File No.16 アート・ブレイキー
File No.17 チック・コリア
File No.18 マーカス・ミラー
File No.19 ディジー・ガレスピー
File No.20 スタン・ゲッツ
File No.21 ナット・キング・コール
File No.22 ジョージ・ベンソン
File No.23 デヴィッド・サンボーン
File No.24 バド・パウエル
File No.25 チャールス・ミンガス
File No.26 ミルト・ジャクソン
File No.27 エルヴィン・ジョーンズ
File No.28 キース・ジャレット
File No.29 ケニー・G
File No.30 カウント・ベイシー
File No.31 グレン・ミラー
File No.32 ベニー・グッドマン
File No.33 デューク・エリントン
File No.34 ウェス・モンゴメリー
File No.35 ロン・カーター
File No.36 ジョー・パス
File No.37 トニー・ウィリアムス
File No.38 リー・モーガン
File No.39 オーネット・コールマン
File No.40 ウェイン・ショーター
File No.41 モダン・ジャズ・カルテット
File No.42 カーメン・マクレエ
File No.43 マンハッタン・トランスファー
File No.44 ヘレン・メリル
File No.45 メル・トーメ