2011 .10 .27トニー・ベネット 『デュエットII』
トニー・ベネットからの贈り物。 音楽を、人生を楽しんでいる歌声をぜひあなたも。2011年の最高傑作!! 必聴盤です。

「トニーが曲を作り込み、それをパートナーと分かち合う光景は、それはそれは見事なんだ。レコーディングは、全てライヴ方式。トニーは、寛容にパートナーを見守り、相手にソロの見せ場を作らせてあげながら、2人でクライマックスへ向かっていく。トニー・ベネットというのは制限のない大きなキャンパスなんだ」

こう語るのはアルバム『デュエッツII』のプロデューサーであるフィル・ラモーン。彼が意味するところが手に取るようにわかるのがレディー・ガガとのデュエットなので、ぜひビデオを観ていただきたいと思いますが、レディー・ガガは、まさに水を得た魚ように彼女のスタイルで踊りながら、『ザ・レディ・イズ・ア・トランプ』を熱唱していますよね。これは、歌い始める前にレディー・ガガが「リクエストは?」と尋ねたところ、トニーが「直感に従い、好きなようにアレンジすればいい。僕は、君のやり方に合わせるよ」と答えたことで、こんなにもリラックスして彼女の個性を出すことが出来ているのです。


参加者は、音楽業界の頂点で活躍している人ばかりですが、彼らが自分の作品でスタンダードをレコーディングする機会は、滅多にありません。トニーは、彼らにレジェンドと共演する名誉を与えただけでなく、アメリカが誇る名曲をレコーディングで残すという機会も与えているのです。ぜひ歴史の残る名共演をお聴きいただきたいと思います。女子JAZZ部の必聴盤です!!

トニー・ベネット『デュエットII』
<収録曲&共演者>
1.『ザ・レディ・イズ・ア・トランプ』 レデォー・ガガ
2.『ワン・フォー・マイ・ベイビー』 ジョン・メイヤー
3.『ボディ・アンド・ソウル』 エイミー・ワインハウス
4.『ドント・ゲット・アラウンド・マッチ・エニーモア』 マイケル・ブーブレ
5.『ブルー・ヴェルヴェット』 k.d.ラング
6.『ハウ・ドゥー・ユー・キープ・ザ・ミュージック・プレイング』 アレサ・フランクリン
7.『ザ・ガール・アイ・ラヴ』 シェリル・クロウ
8.『オン・ザ・サニー・サイド・オブ・ザ・ストリート』 ウィリー・ネルソン
9.『フー・キャン・アイ・ターン・トウ』 クイーン・ラティファ
10.『スピーク・ロウ』 ノラ・ジョーンズ
11.『ディス・イズ・オール・アイ・アスク』 ジョシュ・グローバン
12.『ウォッチ・ホワット・ハプンス』 ナタリー・コール
13.『ストレンジャー・イン・パラダイス』 アンドレア・ボチェッリ
14.『今宵の君は』 フェイス・ヒル
15.『イエスタディ・アイ・ハード・ザ・レイン』 アレハンドロ・サンス
16.『イット・ハッド・トゥ・ビー・ユー』 キャリー・アンダーウッド
17.『ホエン・ドゥ・ザ・ベルズ・リング・フォー・ミー』 マライア・キャリー
18.『星に願いを』 ジャッキー・エヴァンコ
19.『霧のサンフランシスコ』 ジュディ・ガーランド


『デュエットII』
初回限定盤 CD+DVD
通常盤 CD

エイミー・ワインハウスは、その才能を高く評価されながら、7月23日に急逝しました。トニー・ベネットとの『ボディ・アンド・ソウル』が最後のレコーディングとなりました。彼女は、父親の影響からジャズを聴いて育ちました。トップページの動画で、彼女が少女のように嬉しそうにはにかみシーンがあります。それは、トニーから「君は、素晴らしいジャズ・シンガー、たとえば、ダイナ・ワシントンみたいだ」と声を掛けたからです。ダイナ・ワシントンは、エイミーの憧れの人。心から尊敬するトニーからそんな風に褒められて、27才の彼女は少女時代に戻ったのです。

レコーディングの風景は、全てが撮影されており、後日ドキュメンタリー映画として発表される予定があります。そこから抜粋した映像が初回限定盤のDVDに収録されています。

また、トニー・ベネットは、10月18日から全米ツアーをスタート。年内および2012年3月のスケジュールが発表されています。ぜひ日本でも公演を、と心から望みます。みなさんも生の歌を聴きたいですよね…。

トニー・ベネット 「デュエットII」 特設サイト
http://www.sonymusic.co.jp/Music/International/Special/TonyBennett/

アーティスト・オフィシャル・サイト (US)
http://tonybennett.com/
PAGE TOP↑




FEATURE
アーカイブス一覧
【TOKU 『DREAM A DREAM』】

【マリーン『マリーン・シングス・ドナ・サマー』】

【KEIKO LEE
新作『ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ2』】


【ライラ・ビアリの
“ミュージック・ジャーニー”】


【サリナ・ジョーンズ
『サリナ - ザ・ファースト・ライブ』】


【JUJU『DELICIOUS』】

【トニー・ベネット『デュエットII』】

【矢野顕子X上原ひろみ
”Recording LIVE IN TOKYO“】


【日野皓正インタビュー】

【マリーン インタビュー】

【TOKUインタビュー】

【鈴木重子インタビュー】

【ハクエイ・キム インタビュー】

【ケイコ・リー インタビュー】

【エスペランサ ライブレポート】

【キム・ホールヴェック】

【女性ジャズ・シンガー特集vol. 2
“ジャズは自由な音楽”】


【女性ジャズ・シンガー特集vol. 1
JAZZYな歌で心酔わせて】


【カルロス菅野インタビュー】