Vol.5  2011.2.21『声とピアノだけの音楽』
本当にエッセンシャルなものはシンプルでも空間を満たすもの
作品を聴くと、シンプルですが、声とピアノだけの演奏とは思えないほど、豊かなサウンドですよね。実際にやられていかがでしたか。

音の数が少ないことで、自分の声がよりクリアに聴こえました。楽器の数が多くなると、自分の声が他の音に埋もれてしまうこともあります。それがピアノと歌だけだと、自分がどんな音を出しているのか、どんな風に歌いたいのかということが、よくわかります。また、彼女がどんな風にやりたいのか、というということもよく見えてきて、そうすると2人の意図が自然に、まるで生き物のように出会っていくようになる。それがおもしろかったですね。

音数の少なさが不安になることはなかったですか。

空間を埋めるということは意識しなかったですね。当然ピアノと声だけなので、音は少ないのですが、それを何とかしようとは思いませんでした。本当にエッセンシャルなものはシンプルで、音数が少なくてもちゃんと空間を満たすだろうと信じていましたので。そういう意味で焦ることはなかったですね。決して簡単なことではなく、勇気とパートナーへの信頼が必要不可欠。木住野さんには絶大な信頼を寄せているので、私としては本来の自分に立ち戻って、いかにシンプルになるか、ということを考ることができました。

次回は、収録曲など、アルバムについてご紹介します。

シンプル、というのは素敵ですが、やはり簡単なことではないんですね。勇気と信頼。これって普段の生活にも言えることですよね。
鈴木重子&木住野佳子
『with you』
ソニー・ミュージック/好評発売中
◆CDリリース・ツアー
2/17(木)横浜、3/5(土)大阪、3/17(木)名古屋、4/1(金)東京

詳細は鈴木重子オフィシャルサイト http://www.office-giraffe.com/
【PROFILE】
浜松市生まれ。幼い頃からピアノや声楽に親しみ、高校時代は軽音楽部にてベースを担当。合唱とバンド活動にいそしむ。東京大学在学中にボサノヴァ、ジャズヴォーカルを学ぶ。95年メジャーデビュー。ニューヨーク「ブルーノート」で日本人ヴォーカリストとして初のライヴ公演を行う。以後、多くの作品を発表。平和の歌を集めるプロジェクト“Breath for Peace”発起人でもある。

オフィシャルサイト
http://www.office-giraffe.com/
レコード会社サイト
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/BV/suzuki_shigeko/
バックナンバー
鈴木重子


◆vol.8「いま取り組んでいる大切なこと Part2」→ (2011.06.08更新)
◆vol.7「いま取り組んでいる大切なこと Part1」→ (2011.05.31更新)
◆vol.6「アルバムの紹介」→ (2011.02.28更新)
◇vol.4「レコーディング」→ (2011.02.17更新)
◇vol.3「アルバムの選曲」→ (2011.02.07更新)
◇vol.2「ピアニスト・木住野佳子さんとの出会い」→ (2011.01.31更新)
◇vol.1「東大法学部から歌手に」→ (2011.01.12更新)

PAGE TOP↑




FEATURE
アーカイブス一覧
【TOKU 『DREAM A DREAM』】

【マリーン『マリーン・シングス・ドナ・サマー』】

【KEIKO LEE
新作『ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ2』】


【ライラ・ビアリの
“ミュージック・ジャーニー”】


【サリナ・ジョーンズ
『サリナ - ザ・ファースト・ライブ』】


【JUJU『DELICIOUS』】

【トニー・ベネット『デュエットII』】

【矢野顕子X上原ひろみ
”Recording LIVE IN TOKYO“】


【日野皓正インタビュー】

【マリーン インタビュー】

【TOKUインタビュー】

【鈴木重子インタビュー】

【ハクエイ・キム インタビュー】

【ケイコ・リー インタビュー】

【エスペランサ ライブレポート】

【キム・ホールヴェック】

【女性ジャズ・シンガー特集vol. 2
“ジャズは自由な音楽”】


【女性ジャズ・シンガー特集vol. 1
JAZZYな歌で心酔わせて】


【カルロス菅野インタビュー】