Vol.2  2011.1.31『ピアニスト・木住野佳子さんとの出会い』
今回初めて木住野佳子さんとのデュオでレコーディング。女性同士の共演というのはそれほど多くないですよね。なぜ彼女と組みたいと思われたのでしょうか。
美しい曲を自分なりの方法で表現するという共通点

木住野さんとは同じ時期にデビューしていて、共通点がいっぱいあるんですね。アルバムで取り上げる曲が結構重複していて、しかも歌手とピアニストという大きな違いがあるのに、同じキーでレコーディングしていたり、また音楽に対する悩みも同じなんですね。
私たちは2人とも、一般的にはジャズ・ミュージシャンと言われています。そうすると、ジャズ好きな方は4ビートとか、スウィングを期待される。でも、私達自身には、ジャンルに関するこだわりがなく、そういう音楽に積極的に取り組んでいないので、ジャズじゃないと批判されてしまう。木住野さんも私もジャズのスタンダード・ナンバーを含めて、美しい音楽が大好きで、それを自分なりの方法で表現しているだけ。それがジャズの範疇から外れることに私達自身は、問題ないと思っていますが、ジャズというカテゴリーに入れられているので、お客さんの認識との間にどうしてもギャップが生じてしまう。ライヴでもときどき「4ビートの曲をやらないのか」と言われて、一生懸命説明したり。そういう悩みも共通しているんですよね。
そんな想いも含めて共感しあったのは約5年前から。木住野さんが声を掛けてくださり、彼女のライヴにゲスト参加したのがきっかけでした。いろいろ話すうちにたくさん共通点を見つけ、意気投合して、それからコンサートで何度も共演。楽しみながらステージを重ねていくうちに、デュオでアルバムを制作しないかという話をいただき、このレコーディングが実現することになったのです。

次回は、アルバム『with you』の選曲について話をうかがいます。

2人の共通点は他にも。お酒が好きで、美味しい物が大好き。「それって大事ですよね」と話す鈴木重子さん。チャキチャキの木住野さんと、おっとりと話す鈴木さんの姿が目に浮かぶようでした。
鈴木重子&木住野佳子
『with you』
ソニー・ミュージック/好評発売中
◆CDリリース・ツアー
2/17(木)横浜、3/5(土)大阪、3/17(木)名古屋、4/1(金)東京

詳細は鈴木重子オフィシャルサイト http://www.office-giraffe.com/
【PROFILE】
浜松市生まれ。幼い頃からピアノや声楽に親しみ、高校時代は軽音楽部にてベースを担当。合唱とバンド活動にいそしむ。東京大学在学中にボサノヴァ、ジャズヴォーカルを学ぶ。95年メジャーデビュー。ニューヨーク「ブルーノート」で日本人ヴォーカリストとして初のライヴ公演を行う。以後、多くの作品を発表。平和の歌を集めるプロジェクト“Breath for Peace”発起人でもある。

オフィシャルサイト
http://www.office-giraffe.com/
レコード会社サイト
http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/BV/suzuki_shigeko/
バックナンバー
鈴木重子


◆vol.8「いま取り組んでいる大切なこと Part2」→ (2011.06.08更新)
◆vol.7「いま取り組んでいる大切なこと Part1」→ (2011.05.31更新)
◆vol.6「アルバムの紹介」→ (2011.02.28更新)
◆vol.5「声とピアノだけの音楽」→ (2011.02.21更新)
◆vol.4「レコーディング」→ (2011.02.17更新)
◆vol.3「アルバムの選曲」→ (2011.02.07更新)
◇vol.1「東大法学部から歌手に」→ (2011.01.12更新)

PAGE TOP↑




FEATURE
アーカイブス一覧
【TOKU 『DREAM A DREAM』】

【マリーン『マリーン・シングス・ドナ・サマー』】

【KEIKO LEE
新作『ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ2』】


【ライラ・ビアリの
“ミュージック・ジャーニー”】


【サリナ・ジョーンズ
『サリナ - ザ・ファースト・ライブ』】


【JUJU『DELICIOUS』】

【トニー・ベネット『デュエットII』】

【矢野顕子X上原ひろみ
”Recording LIVE IN TOKYO“】


【日野皓正インタビュー】

【マリーン インタビュー】

【TOKUインタビュー】

【鈴木重子インタビュー】

【ハクエイ・キム インタビュー】

【ケイコ・リー インタビュー】

【エスペランサ ライブレポート】

【キム・ホールヴェック】

【女性ジャズ・シンガー特集vol. 2
“ジャズは自由な音楽”】


【女性ジャズ・シンガー特集vol. 1
JAZZYな歌で心酔わせて】


【カルロス菅野インタビュー】