Vol.10  2010. 11. 8『体型・健康を保つ秘訣・2』

ヨガ、半身浴、ちょっぴり筋トレ

基本的にダラダラした生活を送るのが好き。自分でもなめくじみたいと思う(笑)。だから、ストイックにトレーニングをやるとかは絶対にムリ。怠けたい時は、掃除もしないし、ヨガとかも週に何回なんて決めごとはしないで、行きたくない時にはいかないです。
そのヨガは、少しハードな部類に入るタイプで、ジャンル的にはハタヨガに入るらしいのですが、毎回筋肉痛になります。筋トレもたまに行きますが、ついてくれたトレーナーに「もうやりたくないとか、ヤダー」と言いながらやっています。本当にダメなタイプです(笑)。よくトレーニングをやると、ドーパミンが分泌されて、ハイになると言うけれど、私にはまったくないんですよね。
だから、スリムだとか、肌がキレイだとかって褒めてもらえると、申し訳なくて。エステとかに熱心に通っているわけじゃないし、普段はほとんどお化粧もしません。気を付けていることは“保湿”だけ。それと清潔にしているのが一番だと思っています。それからもうひとつ、出来るだけ続けているのが“半身浴”。一時はホットヨガもやっていたので、肌の汚れを取るエステなどを受けても溜まっているものが全然なかった。その時に半身浴って悪くないなと思いましたね。当時は毎日やっていましたが、それも今はやる気がある時だけ。年齢と共に手を抜くことも重要だと思うようになっています。頑張らないことも大切ではないでしょうか。

ケイコ・リーのインタビュー連載も今回で終わりです。いかがでしたか。何か彼女に聞いてみたいことなどがありましたら、メールでお知らせください。

ケイコ・リー
『Smooth』
ソニーミュージック・ジャパン・インターナショナル/好評発売中
【PROFILE】
21歳から独学でピアノを本格的に始める。25歳で訪れたアメリカのバーで、勧められるがままにジャズのスタンダードを歌ったところ、多くの人が絶賛。それがきっかけとなり、歌に興味を持ち始める。帰国後は地元名古屋で活動していたが、95年にアルバム『イマジン』でメジャー・デビュー。これまでにライヴ盤、ベスト盤を含み、15枚ものアルバムをリリースしている。2001年にCMソングになった『ウィ・ウィル・ロック・ユー』が爆発ヒット。たおやかなアルト・ヴォイス、独自性に溢れたカヴァーなどで高い 人気を得ている。

オフィシャルサイト
http://www.keiko-lee.com/
バックナンバー
ケイコ・リー


◇vol.9「体型・健康を保つ秘訣・1」→ (2010.11.01更新)
◇vol.8「ジョージ・デュークの参加」→ (2010.10.26更新)
◇vol.7「久しぶりの日本レコーディング」→ (2010.10.18更新)
◇vol.6「カヴァーの選曲」→ (2010.10.12更新)
◇vol.5「新作はバラード集」→> (2010.10.04更新)
◇vol.4「カヴァーの流儀・2」→ (2010.09.27更新)
◇vol.3「カヴァーの流儀・1」→ (2010.09.21更新)
◇vol.2「歌が天職、ステージが居場所」→ (2010.09.13更新)
◇vol.1「なぜジャズを歌うのか」→ (2010.09.06更新)

PAGE TOP↑




FEATURE
アーカイブス一覧
【TOKU 『DREAM A DREAM』】

【マリーン『マリーン・シングス・ドナ・サマー』】

【KEIKO LEE
新作『ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ2』】


【ライラ・ビアリの
“ミュージック・ジャーニー”】


【サリナ・ジョーンズ
『サリナ - ザ・ファースト・ライブ』】


【JUJU『DELICIOUS』】

【トニー・ベネット『デュエットII』】

【矢野顕子X上原ひろみ
”Recording LIVE IN TOKYO“】


【日野皓正インタビュー】

【マリーン インタビュー】

【TOKUインタビュー】

【鈴木重子インタビュー】

【ハクエイ・キム インタビュー】

【ケイコ・リー インタビュー】

【エスペランサ ライブレポート】

【キム・ホールヴェック】

【女性ジャズ・シンガー特集vol. 2
“ジャズは自由な音楽”】


【女性ジャズ・シンガー特集vol. 1
JAZZYな歌で心酔わせて】


【カルロス菅野インタビュー】