Vol.9  2010. 11. 1『体型・健康を保つ秘訣・1』
毎日飲むのはハーブティー

そんなに特別なことはやっていないですよ。ただ日常的に続けていることはハーブティーを飲むことです。きっかけはレコーディングで訪れたNYのオーガニックスーパーで、豊富な種類のハーブティーを発見したことです。滞在中はノドにいいものを選んで飲んでいました。帰国後もショウガをお茶に入れたりしていますね。最近は自分ですらなくても、粉末のショウガが売っているので、それをいつも持ち歩いています。
それからこれはちょっと珍しいかもしれませんが、朝鮮人参に白ではなく、紅色もあって、体を温める効果があると、韓国で勧められました。それ以来、自分の体調に合わせてお茶にいれて飲んだりすると、体がスッキリするような気がします。特に朝飲むと、効果があるように思います。
女性は誰もが甘い物が好きですよね。私もチョコレートとか、ブラウニーとかが大好き。それをいつも食べるのではなく、たまに少量を食べると、すごく美味しくて、幸せな気持ちになれる。それが好きです。
健康のためにとか、痩せるためにストイックに何かに取り組める性格じゃないので、普段は美味しい物を食べて、お酒も飲んでいます。我慢するのは精神的にも良くないから。ただ、若い頃とは違って、それだけをしているとどうしても太ったりしてしまいます。
次回は、基本的にはダラダラするのが好きな私がしている健康作りをお伝えします。

次回はヨガなど健康作りのために取り組んでいることについて話をうかがいます。お楽しみに。

ケイコ・リー
『Smooth』
ソニーミュージック・ジャパン・インターナショナル/好評発売中
【PROFILE】
21歳から独学でピアノを本格的に始める。25歳で訪れたアメリカのバーで、勧められるがままにジャズのスタンダードを歌ったところ、多くの人が絶賛。それがきっかけとなり、歌に興味を持ち始める。帰国後は地元名古屋で活動していたが、95年にアルバム『イマジン』でメジャー・デビュー。これまでにライヴ盤、ベスト盤を含み、15枚ものアルバムをリリースしている。2001年にCMソングになった『ウィ・ウィル・ロック・ユー』が爆発ヒット。たおやかなアルト・ヴォイス、独自性に溢れたカヴァーなどで高い 人気を得ている。

オフィシャルサイト
http://www.keiko-lee.com/
バックナンバー
ケイコ・リー


◆vol.10「体型・健康を保つ秘訣・2」→ (2010.11.08更新)
◇vol.8「ジョージ・デュークの参加」→ (2010.10.26更新)
◇vol.7「久しぶりの日本レコーディング」→ (2010.10.18更新)
◇vol.6「カヴァーの選曲」→ (2010.10.12更新)
◇vol.5「新作はバラード集」→> (2010.10.04更新)
◇vol.4「カヴァーの流儀・2」→ (2010.09.27更新)
◇vol.3「カヴァーの流儀・1」→ (2010.09.21更新)
◇vol.2「歌が天職、ステージが居場所」→ (2010.09.13更新)
◇vol.1「なぜジャズを歌うのか」→ (2010.09.06更新)

PAGE TOP↑




FEATURE
アーカイブス一覧
【TOKU 『DREAM A DREAM』】

【マリーン『マリーン・シングス・ドナ・サマー』】

【KEIKO LEE
新作『ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ2』】


【ライラ・ビアリの
“ミュージック・ジャーニー”】


【サリナ・ジョーンズ
『サリナ - ザ・ファースト・ライブ』】


【JUJU『DELICIOUS』】

【トニー・ベネット『デュエットII』】

【矢野顕子X上原ひろみ
”Recording LIVE IN TOKYO“】


【日野皓正インタビュー】

【マリーン インタビュー】

【TOKUインタビュー】

【鈴木重子インタビュー】

【ハクエイ・キム インタビュー】

【ケイコ・リー インタビュー】

【エスペランサ ライブレポート】

【キム・ホールヴェック】

【女性ジャズ・シンガー特集vol. 2
“ジャズは自由な音楽”】


【女性ジャズ・シンガー特集vol. 1
JAZZYな歌で心酔わせて】


【カルロス菅野インタビュー】