2012.11.13Vol.2 豪華デュエット
先週発売になったばかりのケイコ・リーさんの新作。ゴージャスな男性ヴォーカリスト5組の参加でも大きな話題を呼んでいます。その5人とは、EXILEのATSUSHI、玉置浩二、村上てつや(ゴスペラーズ)、ジェラルド・アルストン、ラウル・ミドンという国内外のスーパースター達。すごく豪華ですよね! 今回はデュエットにまつわるエピソードをご紹介します。

豪華デュエット

豪華デュエットのトレンドは、R&B/ヒップホップから始まりましたが、最近ではどのジャンルでもゲストを迎えて共演する”featuring”が増えています。ジャズで言えば、昨年トニー・ベネットの『デュエッツII』が全米チャートで初登場1位を獲得し、大いに話題になりました。ちなみに彼がラテン系シンガーとデュエットした最新作『ビバ・デュエッツ』も全米で初登場5位のヒットになっています。

では、なぜアーティストは、このように共演を望むのか。その背景にあるのは自分ひとりでは決して得られない“化学反応”にあるでしょう。デュエットすることで、いつもとは異なる自分の歌唱が引き出されて、アーティスト自身が「私ってこういう歌も歌えるんだなぁ」と驚く歌が出来上がる。そこに大いなる価値があるのだと思います。それを起こすためには人選が重要です。

ケイコ・リーが新作『ケイコ・リー シングス・スーパー・スタンダーズ2』でデュエットしたのは5人の男性。EXILEのATSUSHI、玉置浩二、村上てつや(ゴスペラーズ)、ジェラルド・アルストン、ラウル・ミドンです。すごく豪華ですよね。このうちラウル・ミドンとは先月ビルボードライヴ東京で行われた彼のコンサートで、サプライズ・ゲストとしてステージでの共演も果たしています。

彼ら5人との共演を聴いていただければ、デュエットがもたらす“化学反応”というものをきっと理解していただけるかと思います。 では、簡単にデュエットした曲と、彼らにまつわるエピソードを収録曲順にご紹介しましょう。


『Smoke Gets In Your Eyes』featuring EXILE ATSUSHI
  EXILE ATSUSHI氏とは数年前に知人の紹介で知り合い、お互いのコンサートを見に行くなど、音楽仲間として尊敬し合っている。今回の共演もケイコ・リーの申し出にATSUSHI氏が応えて意気投合。レコーディング時も、ごく自然にケイコ・リーのピアノに乗って2人でデュエットする編成になった。

『Feel Like Makin’ Love』featuring ラウル・ミドン
  この曲でデュエットするのはUS出身のラウル・ミドン。2005年にパーカッシヴな超絶技巧のギターとソウルフルなヴォーカルで衝撃的なデビューを果たしたUS出身のシンガー・ソングライターだ。ネットの動画で見たパフォーマンスに衝撃を受けたアーティストだという。
 2人の意気投合したレコーディングに関しては、ビルボード・ジャパンのサイトで対談しているので、そちらをぜひご覧ください。
http://www.billboard-japan.com/special/detail/369

『You Maki me Feel Brand New』featuring ジェラルド・アルストン
  スタイリスティックスのヒット曲でデュエットするのはUS出身のR&Bシンガー、ジェラルド・アルストン。1970年にスタイリスティックス同様に大人気だったヴォーカル・グループ、マンハッタンズに加入。88年にソロに転向するが、ケイコ・リーは、その頃からの大ファン。ラウル・ミドン、ジェラルド・アルストンとはニューヨークのスタジオでレコーディングしている。

『My Romance』featuring 村上てつや(ゴスペラーズ)
  村上てつや氏とは15,6年前にケイコ・リーのライヴを村上氏が見にきたのがきっかけとなり、交流が始まる。今回レコーディングした『My Romance』も、かつてケイコ・リーのライヴで2人が共演したことがあり、その時の感動が忘れられず、今回の選曲につながった。

『Smile』featuring 玉置浩二
  玉置浩二氏とケイコ・リーは、演奏をお願いしているドラマーが共通している縁で、お互いのコンサートを見に行くなどの面識はあったものの、共演の経験は、これまでなかった。今回、EXILE ATSUSHI氏とのレコーディング終了後、ATSUSHI氏を通じて玉置氏と連絡を取り、3人で意気投合。その場でケイコ・リーが玉置氏に今回のアルバムでの共演を申し入れたところ、玉置氏が快く応じてくれた。
『Smile』の選曲は、玉置氏からの提案による。

 このようにご紹介すると、あらためてスゴイ人達と共演しているんだなぁと思いますよね。アルバムは、11月7日リリース。ぜひチェックしてみてください。
 なお、ケイコ・リーのスペシャル・サイトで各共演者から寄せられたコメントを読むことが出来ます。
詳細:http://www.sonymusic.co.jp/keikolee/

KEIKO LEE
『ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ 2』
2012年11月7日(水)発売予定
ソニーミュージック
¥2,940
ケイコ・リースペシャルサイトはこちら
http://www.sonymusic.co.jp/keikolee/

Billboard Live Tokyo
11月14日 1stステージ 19時開演
      2ndステージ21時30分開演
詳細: http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=detail1&event=8267&shop=1


Nagoya Blue Note

11月27日 1stステージ18時30分開演
      2ndステージ21時15分開演
詳細: http://www.nagoya-bluenote.com/index.html


Billboard Live Osaka

2013年1月31日 1stステージ18時30分開演
    2月1日 2ndステージ21時30分開演
詳細: http://www.billboard-live.com/pg/shop/show/index.php?mode=calendar&date=201301&shop=2


この他、広島、松山、熊本、大分、下関でもコンサートを予定しています。詳しくは、スペシャル・サイトをご覧ください。
バックナンバー
KEIKO LEE


◇vol.1「スタンダードを歌う」→ (2012.10.24更新)

PAGE TOP↑




FEATURE
アーカイブス一覧
【TOKU 『DREAM A DREAM』】

【マリーン『マリーン・シングス・ドナ・サマー』】

【KEIKO LEE
新作『ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ2』】


【ライラ・ビアリの
“ミュージック・ジャーニー”】


【サリナ・ジョーンズ
『サリナ - ザ・ファースト・ライブ』】


【JUJU『DELICIOUS』】

【トニー・ベネット『デュエットII』】

【矢野顕子X上原ひろみ
”Recording LIVE IN TOKYO“】


【日野皓正インタビュー】

【マリーン インタビュー】

【TOKUインタビュー】

【鈴木重子インタビュー】

【ハクエイ・キム インタビュー】

【ケイコ・リー インタビュー】

【エスペランサ ライブレポート】

【キム・ホールヴェック】

【女性ジャズ・シンガー特集vol. 2
“ジャズは自由な音楽”】


【女性ジャズ・シンガー特集vol. 1
JAZZYな歌で心酔わせて】


【カルロス菅野インタビュー】