2012.06.11オーディション&
サリナからのメッセージ
親日家としても知られるサリナ・ジョーンズ。50年以上のキャリアを誇る彼女にもまだ経験していないことがありました。初めてのライヴ・アルバムの発表。さらに日本のヴォーカル・オーディションの特別審査員を務めるのも初めて。そんな偉大なるサリナ・ジョーンズのキャリア、1stライヴ・アルバム、オーディションに関して、ご紹介していきます。

オーディションの主旨

ジャズの黄金時代を支えたアーティストは、すでに多くの方が亡くなられています。彼らが遺した演奏、歌は、現在もCDや映像で楽しむことが出来ますが、やはりジャズの醍醐味はライヴです。今年74歳となったサリナ・ジョーンズは、現役で活動している数少ないシンガーのひとり。生きる伝説として世界中のファンに愛されています。

ポニーキャニオンアーティスツが主催する第1回ヴォーカル・オーディションは、若い世代に経験豊富な偉大なるサリナ・ジョーンズの歌をもっと知ってもらいたいこと。さらに女性の間でジャズ人気が盛り上がっている時代に、サリナの後継者となるべく逸材を育てたいと、サリナ自身も考えていること。

この熱き思いが重なり合ったことで、ヴォーカル・オーディションが開催されることになりました。

オーディションの詳細は、専用ホームページをご覧いただきたいと思いますが、合格者には育成プログラムと同時に、NYのアポロシアターのアマチュア・ナイトのステージに立てる、という名誉が与えられます。一生に一度のビッグチャンスかもしれません。

女子JAZZ部の部員さんの中にもヴォーカル・レッスンを受けていらっしゃる方がいますよね。ぜひこのチャンスにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

応募の課題曲は、尾崎豊の『I LOVE YOU』と、自由に選択した2曲になります。

*サリナ・ジョーンズHP :http://www.bavic.co.jp/SalenaJones/
サリナ・ジョーンズからのメッセージ

"I began my career as a young girl in New York singing jazz many years ago and, although I have sung various music styles across my forty albums, I am told that I have a natural jazz feel. However, my experience is, quite simply, that jazz is a feeling and to sing from your heart.

So I would encourage you to listen and enjoy all kinds of music and, if you are serious about your singing, to consider taking part in this national competition which is a wonderful opportunity presented by Pony Canyon and Liberty Music for singers to realise their ambitions. I believe one of the winner`s prizes could be an appearance at the famous Apollo theater in New York (where I also sang as a young girl).

I adore the song "I Love You", made famous by Yutaka Ozaki; its a very beautiful ballad which I now perform in my shows and so, of course, it is on my new double album "Salena - The First Live"

I do hope you like my version of the song and that if you feel encouraged to enter the competition, then I sincerely wish you the very best of fortune."

私がこの世界への一歩を踏み出したのは、もう何年も前のこと。ニューヨークでひたすらジャズを歌う、若い娘でした。いつの間にか40枚ものアルバムをリリースし、さまざまなスタイルの音楽を歌うようになりましたが、なにを歌っても必ずジャズのフィーリングが自然に備わっている、と言われるのはそんなルーツがあるからかもしれません。
でも、私の実感としては、ジャズという感情は心から歌うことだと、単純にそんなふうに思っています。
ですので、みなさんにも、いろいろな音楽を楽しむことをお奨めします。そして、自分で歌うことに真剣なら、このコンテストに出場してみてはいかがでしょう?

ポニー・キャニオンアーティスツが主催する全国的なコンテストで、シンガーが夢を叶える素晴らしいチャンスです。あの有名な、ニューヨークのアポロ・シアターで歌う権利が賞品として用意されていると聞いています。(私も若いころよく出演した劇場です)

尾崎豊の”I Love You”は、私も大好きな曲です。とても美しいバラードで、私もコンサートでよく歌っています。私の新しい二枚組アルバム “Salena – The First Live”にももちろん収録されています。

私の歌う”I Love You”を気に入っていただければ嬉しいです。そして、コンテストに出場されるみなさんには、最高の幸運を、心からお祈りいたします。

『サリナ - ザ・ファースト・ライブ』
アルバムにオーディションの応募用紙を封入
オーディションHP :  http://pc-artists.co.jp/audition.php
サリナ・ジョーンズHP : http://www.bavic.co.jp/SalenaJones/

収録曲
DISC1 『ハロー』、『アントニオの歌』、『おいしい水』、『I LOVE YOU』、『ウィスキーが、お好きでしょ』、『二人でお茶を』、『この素晴らしき世界』、『センチメンタル・ジャーニー』、『スターダスト』、『ハウ・ハイ・ザ・ムーン』、『スイングしなけりゃ意味がない』

DISC 2 『ナイト・アンド・デイ』、『スマイル』、『愚かなり我が心』、『ユード・ビー・ソー・ナイス・トゥ・カム・ホーム・トゥ』、『バッド・ビューティフル』、『ディス・ビター・アース』、『マイ・ファニー・ヴァレンタイン』、『マイ・ラヴ』、『素顔のままで』、『ユーヴ・ガット・ア・フレンド』、『エヴリデイ・アイ・ハヴ・ザ・ブルース』

参加メンバー
サリナ・ジョーンズ/納浩一(ba)/森下滋(p)/道下和彦(g)/藤井学(dr)/小池修(sax,fl)/村田陽一(tb)

SALENA JONES with FRIENDS 2012 SUMMER TOUR
22日(日)札幌市 サッポロシティジャズ 
25日(水)名古屋市 名古屋ブルーノート
27日(金)大阪市 ビルボードライブ大阪
28日(土)岡山県 早島町町民総合会館ゆるびの舎
29日(日)松山市 MONK
31日(火)徳島市 阿波観光ホテル

詳細は http://www.bavic.co.jp/SalenaJones/


『サリナ - ザ・ファースト・ライブ』
サリナ・ジョーンズ
(ポニーキャニオン)  

バックナンバー
サリナ・ジョーンズ
PAGE TOP↑




FEATURE
アーカイブス一覧
【TOKU 『DREAM A DREAM』】

【マリーン『マリーン・シングス・ドナ・サマー』】

【KEIKO LEE
新作『ケイコ・リー・シングス・スーパー・スタンダーズ2』】


【ライラ・ビアリの
“ミュージック・ジャーニー”】


【サリナ・ジョーンズ
『サリナ - ザ・ファースト・ライブ』】


【JUJU『DELICIOUS』】

【トニー・ベネット『デュエットII』】

【矢野顕子X上原ひろみ
”Recording LIVE IN TOKYO“】


【日野皓正インタビュー】

【マリーン インタビュー】

【TOKUインタビュー】

【鈴木重子インタビュー】

【ハクエイ・キム インタビュー】

【ケイコ・リー インタビュー】

【エスペランサ ライブレポート】

【キム・ホールヴェック】

【女性ジャズ・シンガー特集vol. 2
“ジャズは自由な音楽”】


【女性ジャズ・シンガー特集vol. 1
JAZZYな歌で心酔わせて】


【カルロス菅野インタビュー】